インベスター・ネットワークスがIRについて分かりやすく解説いたします。

株式公開

IRとはInvestor Relations(インベスター・リレーション)の略称で、直訳すると投資家の良好な関係性となりますが、日本では「投資家向け広報」と訳されています。

インベスター・ネットワークスの社名もインベスターもインベスター・リレーションからきております。

IRという言葉は、株式公開を行っている企業の財務状況や今後の事業計画などの情報を株主または投資家に向けて情報配信することを指します。

インベスター・ネットワークスがご紹介するIR活動とは?投資家向け広報活動

広報活動

広報活動はPRと呼ばれており、企業や団体などがポジティブな情報を多くの人に向けて発信することによって協力や理解などを求めるものです。

投資家向け広報活動であるIRも情報を配信する点ではPRと同じですが、PRのようにポジティブな情報だけでなく、IRはネガティブな情報も提供していかなくてはいけません。

すべては自社の現状やこれからの計画を株主・投資家の方に理解していただき、自社の株に投資していただく為に必要な情報だからです。インベスター・ネットワークスでのサービスと合わせまして、IRについて詳しく下記から見ていきましょう。

インベスター・ネットワークスがご紹介するIR活動とは?

IR活動を行うのは現在の株主だけではない

IR活動と聞くと企業のIR担当者の方は、既存の自社株主だけに説明を行うことだと認識している方は多いようです。

インベスター・ネットワークスで、企業様とお話しさせていただく際にそのようなお話をお伺いすることもあります。

IR活動

IR活動は、自社の情報を既存の株主だけでなく、投資を行っている人たちに向けることで、より多くの人に自社のことを知っていただくことができます。知っている人が増えるほど投資を行ってくれる可能性がある人が増えることへと繋がるかと思いますので、自社の株主だけでなく多くの投資を行っている人へ向けてIR活動を行っていく事は非常に重要なことだと言えます。

このIR活動を円滑に行えるようにインベスター・ネットワークスでは「IR-navi」や「プレミアム優待倶楽部」というシステムサービスを行っております。

インベスター・ネットワークスがご紹介するIR活動とは?

IR活動を通して意見を交換する

意見交換

IR活動内容にはただ企業が一方的に情報を開示するだけでなく、企業側と投資を行う人や団体の間で意見などを交換することも含まれています。

会社の活動内容や状況をより投資を行う人たちに向けて理解してもらう為や、互いの信頼関係を築いていくためにもIR活動の意見交換は必要だと言えます。

意見交換の中で、場合によっては厳しい意見も投資を行っている人たちからでることもありますが、この厳しい意見こそが経営の質を高めていく事へと繋がります。

また意見交換のIR活動を行うことによって、資本市場の中で正当な評価を受けることができるとも言われています。

この意見交換の場はインベスター・ネットワークスでも非常に重要なものだと考えており、「決算説明会運営サポート」という形で企業様のIR活動をサポートいたします。

インベスター・ネットワークスがご紹介するIR活動とは?

インターネットでIR活動を行う

インターネット

IR活動はおもに企業の説明会、決算説明会、意見交換をおこなう会などの対面式のものとマニュアルのレポートや事業報告書などの出版物形式のものがあります。

1990年代後半からIR活動は行われており、当時は現在のようにインターネットがあまり普及していなかったこともあり、これまで上げた形式のものだけでした。

現在はスマホの普及率が上がったことも関連してインターネットは現在の私たちに欠かせない存在となっています。

それに伴ってインターネットを介してIR活動を行う企業も増えてきました。

インベスター・ネットワークスでも主にインターネットを介してのIR活動をおすすめしております。

主なIR活動の方法としては、自社のホームページにニュースとして情報の開示を行っています。ホームページなどでの情報開示は様々なメリットがあります。

出版物は資料作りから構成、印刷など様々な工程があり、時間と手間が非常にかかります。そのような点からもリアルタイムで情報の開示が行えるのと世界の人々に一斉に見ていただけるインターネットの活用はIR活動を行っていく上で非常に便利です。

このインターネットを介しての活動はSNSも非常に重要な項目となっており、インベスター・ネットワークスでもTwitterのつぶやきなどからも情報を集めてリアルタイムで現状把握を可能とする「株なび(個人投資家SNSサイト)」というサービスを提供しております。

IR担当者とPR担当者は一緒にするべきか

冒頭でもお伝えしているようにIRとPRは提供する内容が異なります。

ポジティブな情報を主にマスメディアを介し一般の人に対しての候補活動を行うPRと、ポジティブな情報もネガティブな情報も会社の状況に関わる情報を主に株の投資を行う人に向けて行うIRですが、同じ会社からの情報発信となるので情報にズレがないようにしなくてはいけません。インベスター・ネットワークでもお問い合わせいただく企業様にこちらに関する説明をしっかりとさせていただいております。

ズレが出ないようにIR担当とPR担当を同じ人が兼任している企業も少なくはありません。しかし、IRとPRは時期など様々な理由から情報を調整しながら発信していく必要性がありますので、そのタイミングなどをきちんと管理していく必要があります。

このようなメリットデメリットをしっかりと把握したうえでIR担当者とPR担当者を決めることは重要なことといえます。

またインベスター・ネットワークスではIRご担当者様がIRについての知識を深めていけるように「コーポレートストーリーの構築」をマーケティングの視点からみた新たなIR戦略を提案させていただいております。